撮影のご予約
  • フェイスブック
  • インスタグラム

終戦記念日に思うこと

いつも読んでくれてありがとう!

カメラマンの本多です。



今日は終戦記念日。

1945年8月15日正午、NHKラジオは天皇の肉声により

日本の全国民に日本が戦争に負けたというお知らせをしました。

一般にこれを太平洋戦争の終結として、この日を終戦記念日と

しています。


駒ヶ根市は毎年この8月15日に成人式の式典を行っています。

ちょうど私たちが成人者の集合写真の撮影を行う正午の瞬間に、町の

放送から黙祷を促すサイレンが流れ、成人者、町の関係者、そして私達スタッフが

一緒に1分間の黙祷を捧げます。


私は昭和43年の生まれ、終戦から23年後に生まれました。

私の子ども時代はまだ身の回りに戦争の爪痕や戦争談話がかなり身近に

あったような気がします。


なまなましい体験談に身底、戦争はやっては行けない事

と刷り込まれた気がします。


終戦から今ではかなりの時が流れました。

でも今日の黙祷のように、世代のはなれたみんなで

たとえ黙祷の1分間だけでも戦争で亡くなられた方々に

思いをはせることがとっても大切な事だと感じています。


忘れていい事

そして忘れては行けない事


それを見極めることも生きていく上で大事な事だと思います。



もっと見たい方は  コチラから



facebookは                     コチラから




この記事を友達に教える
お問い合わせ・資料請求
撮影のご予約